ロコモ予備軍にならないために

ロコモ予防=ロコモ体操・ロコモトレーニング=

ロコモ予防・対策のためには何がイイ?
と考えた時に、


・食生活の見直し
・生活習慣の見直し
・日々の姿勢の見直し


と いろいろロコモ予防・対策はありますが、
その中でも「ロコモ体操」「ロコモトレーニング」は、誰でも簡単にでき、激しい運動でもないことから続けて継続しやすいもの。


また、1日のうちの ちょっとした時間があればできることなので、毎日忙しく、体を動かす機会が少ない人でも、時間を気にしず出来るおすすめの体操です。


ロコモトレーニングを少し紹介すると・・・
「片足立ち」と「スクワット」があります。


どちらも詳しく伝えなくても、どんな動作をするものなのか分かってもらえると思いますが、


片足立ちは・・・片足立ちで、左右 各約1分  1日x3回


スクワットは・・・腰の上げ下げを行うもので、深呼吸をするペースで 5?6回 1日x3回


すると効果的とされています。
※どちらも、転倒防止の為直ぐに手を着いて体を支えることが出来る状態で行うことがオススメ。


ロコモトレーニングの1つでもある スクワットといえば、
「日本のお母さん」としても有名な、女優の森光子さんを連想させます。


森さんは、2012年に92歳で亡くなられてみえますが、
「放浪記」という舞台劇の中では、でんぐり返しを "86歳" まで 
毎公演 続けた方としても有名な女優さん。


(私の祖母も、今年で86歳。
体は元気なものの、さすがにでんぐり返しは・・・出来ないと思います。)


森さんが、86歳という高齢でも、でんぐり返しが出来た裏には、
毎日の努力、『スクワット150回』があるそう。


150回!!!!!! しかも毎日!!!!!!!


若い方でも続けられる人が少ないような気が・・・
森さんのでんぐり返しは、毎日の努力と継続力が、86歳という高齢でもできたという結果に繋がっているのですね。


そして、ロコモトレーニングの1つでもある、「スクワット」の効果の大きさにびっくり。


既に腰痛持ちの人や脚・腰が弱ってきた方、
まだ体に大きな症状はないものの将来 誰もがなる可能性が高いロコモ予防・対策のためにと
「ロコモ体操」「ロコモトレーニング」に取り組んでみませんか。


ロコモ体操は、脚の屈伸運動や腰回しといった、下半身を強化させるための運動。


詳しく知って、取り組みたいという人は こちらから確認してみてください。
https://locomo-joa.jp/check/locotre/habits.html


ロコモトレーニングは、下半身特に太モモの前後の筋肉を強化させるトレーニング。


詳しく知って、取り組みたいという人は こちらを確認してみてください。
https://locomo-joa.jp/check/locotre/


「ロコモ体操」「ロコモトレーニング」以外にも、
昔からある、「ラジオ体操」や自分の住んでいる地域に根付いた「当地体操」なども
ロコモ予防・対策としては効果が期待できるもの。


面倒臭がらずに、毎日継続して ロコモにならない体づくりをしていきましょう。