ロコモ予備軍にならないために

食生活でロコモ予防!

貴方の食事の取り方について質問です!!


・毎日の食事、貴方は誰と食べていますか?
  1人? 家族? 友達?


・また、その食事は誰が作っていますか?
  自分? 家族? お店の人?


こんなことが、ロコモ予防に何の関係があるの??
と 思われる方も多いかもしれません。
ロコモ対策・予防で大事なことは、骨や筋肉を衰えさせないこと。


例えば、1人で食事を摂り・その食事も自分で準備している人の場合、
皆さんだったらどうです? 
私だったら、(自分だけだし・・・)と 空腹を満たせればOK
簡単に出来、後片付けも簡単なもの
と、色彩や栄養バランスは二の次で、早く出来、楽なものを求めてしまいます。


それが、家族や友達といった 自分以外の誰かに作ってあげる際は どうでしょう。
殆どの人が、自分一人の時とは違い
味だけでなく見た目にもこだわり、手間ひまかけ 品数も1人の時より、2品、3品と多く作ってみたり
と なりませんか?


見た目に鮮やかな食事ということは、沢山の食材を使わないと出来ないこと。
沢山の食材を使えば、勿論多くの栄養を体に取り込むことが出来るということにもなります。


食事量が少なかったり、栄養バランスの偏りは筋肉や骨を衰えさせ、ロコモの原因に。


そんなロコモの原因にならないよう 欠かさず摂取しておきたい栄養素・食材は次のようなもの。


骨を強くしてくれる栄養素・食材は、


・乳製品を代表にひじき、納豆      「骨の素となる カルシウム」
・肉や魚介類、大豆・大豆製品に卵   「体のエネルギーの素となる たんぱく質」
・鮭やさんま、ちりめんじゃこ、きのこ類 「腸でカルシウムの吸収を助ける ビタミンD」
・納豆や青菜                 「骨の形成や骨質の維持に必要な ビタミンK」


それ以外にも、マグネシウム、ビタミンB6・B12、葉酸 などが骨を作るためには必要な栄養素


筋肉を強くする栄養素・食材は、


・肉や魚介類、大豆・大豆製品に卵   「体のエネルギーの素となる たんぱく質」
(筋肉は、エネルギー(たんぱく質)が減少すると痩せて細くなってしまいます)
・マグロの赤身、赤ピーマン、バナナ  「たんぱく質の分解や合成を促進する ビタミンB6」


これら骨や筋肉に必要な栄養素・食材は、
バランスよく毎・毎食の食事に取り入れていくのが効果的。


ですが、朝など忙しい時間帯にいろいろな食材を使った食事をしっかり取るなんて難しいですよね。
そんな時には、1食だけを見てロコモ予防ができているかをチェックするのではなく、1日の食事を通して見てみる。
1日でも難しい時には、一週間の食事を通して見た時に きちんとバランスよく沢山の栄養素・食材が取れて入れば大丈夫。


ロコモ予防にと食生活を見直し、取り組んでいく人は
栄養素の多い食事をとらなきゃ!!
と 必死になって食事をするのではなく、気楽に楽しく♪♪


それでいて、栄養素たっぷりのおいしい食事を毎日少しずつでも欠かさず摂ることで
いつまでもロコモ知らずの体でいられるもの。


ロコモ予防の食事は、
ロコモ予防に!!
と難しく考えず、彩りキレイで美味しい食事を毎日の暮らしの中に少しずつ入れてみませんか。