ロコモ予備軍にならないために

ロコモになりやすい人・なりにくい人の違いは?

ロコモといえば、
「加齢によって引き起こされることが多く、誰でもなる可能性があるもの」。
「老化には誰も逆らえないんだから、ロコモは仕方がないこと」
なんて 決め込んでいませんか?


確かに、ロコモの一番の原因は 加齢による足・腰の 骨や筋肉の衰え。
歳をとっていくことで、誰でもロコモになる可能性はもちろんあります。


ですがそんなロコモには、年齢以外に なりやすい人の特徴があるようです。 
次の事に心あたりがある人は、注意が必要ですよ!!!!


.どんなに近い場所へも ついつい車で動いてしまう・・・
・1つ階を移動するだけでも、昇り降りの際 ついついエスカレーター・エレベーターを使ってしまう・・・
・休みの日は、一日中家の中でゴロゴロ・・・ん??幸せ☆
・運動は若いうちからバッチリ続けています!激しい運動ですが・・・


上に思い当たるものがある人は、
「運動不足もしくは運動のし過ぎでロコモになりやすい人」


運動不足でロコモになりやすくなるのは、な?んとなく 分かりますが、
運動のしすぎもダメ???!!!


激しいスポーツをしている人などは、腰や足・膝の筋肉を痛めてしまう可能性が高いだけでなく、負担をかけ続けてしまっていることに!
特に、若い頃から続けて激しい運動をしている人は、健康に良いというだけでなく かえって逆にロコモになりやすい体になってしまうこともあります。


ロコモになりにくい体にするには、
運動は、全身をまんべんなく使え、自分が楽しんで毎日少しずつ続けられるものが良いようですよ。


それ以外には・・・


・暴飲暴食が原因で肥満気味・・・
・最近、体重がうなぎ登りに増えていっている・・・
「体重管理が出来ない肥満によって、膝を痛めやすいことからロコモになりやすい人」


・ダイエットをするため、食事の中心は野菜
・乳製品は高カロリーなのであまり食べません
「無理なダイエットにより、栄養バランスが崩れることからロコモになりやすい人」


など、ロコモになりやすい人には、加齢以外に様々な特徴があります。


私のお隣さんのお婆ちゃんは、今年で94歳。
普通に考えて94歳というお歳だと、足腰が弱り 歩くのがままならないのでは??
と思ってしまいますが、お隣のお婆ちゃんは元気!! 元気!!


毎日、三輪の自転車に乗って公園までお出かけされています。
歩いてお散歩している姿も良く目にしますが、杖は使っているものの
背筋はピント伸び、スピードはゆっくりであるもののしっかりと歩いています。


お婆ちゃんの毎日の日課は「歩く」ことだそう。
最近は、雨・風の強い日は家族に止められて外出できない日もあるそうですが、
若い時は天候に左右されること無く毎日、朝・晩の2回は歩いて散歩していたようです。


ロコモ知らずのおばあちゃん。
お婆ちゃんのようにロコモになりにくい人・体を今のうちから作っていきたいものですね。