ロコモ予備軍にならないために

ロコモ予防には素足が一番

最近巷で流行り始めている "ベアフットランニング"
何の事だか知っていますか?


文字通り、ベアフット 「ランニング」なので 走ることですが、ベアフットランニングの 
ベアは・・・「裸」
フットは・・・「足」


という事で、ベアフットランニングとは
『素足で行うランニング』のこと!!!! なんです。


裸足で走る??
裸足なんて足の裏が痛くなって、かえてってランニングするには悪環境なのでは?
と、私は考えてしまいましたが、効果は私の考えとは真逆のよう。


普通は、誰もが靴を履いた状態でランニングをした場合、
踏み出した足が かかとで着地する「かかと着地」になってしまい、
かかと着地だと、ドスン・ドスンと 体の体重を足首・膝で支えることになり、
足首や膝への負担は大きくなります。


ですが、素足(裸足)でランニングした場合はどうでしょう
(自分で確かめてみるのが一番だと思いますが)
素足でランニングした際は、
みんな「つま先着地」に・・・・・なりませんか??


同じように走っても「つま先着地」は、ふくらはぎの筋肉で体重を支え
「かかと着地」の時とは違い、足首や膝に大きな負担をかけることもありません。
「つま先着地」のほうが 足にかかる負担は減です。


「つま先着地」はもともと 足を守るための靴がない頃は当たり前のことで
人間は本来「つま先着地」が自然な体の動きのよう


それが靴の進化により、かかとで着地しても脚へかかる負担を靴が吸収してくれることで
「つま先」よりも 地面との接着面積の大きく安定しやすい「かかと着地」
することが人間の当たり前になってきてしまいました。


ですが靴の機能がよくなり足裏が守られることで、
人の脚はふくらはぎの筋肉は落ち、関節の機能も退化していく傾向に
また、筋肉や関節が退化していくとロコモになる危険も高くなります。


そんなことから今、各大手メーカーも素足に近い靴を開発・商品化するなど
ベアフットランニング(裸足でのランニング)は、
体の健康やランニングによる足首や膝への負担減、ロコモ予防など
で注目を浴びてきている健康法の一つ。


ベアフットランニングも、ただ裸足で走れば何でもいいというものではなく、
重心を前に置き、足を高く上げ、ふくらはぎの筋肉を意識しながら
つま先着地することが良いようです。
また、芝生や砂場といった地面がやわらかい場所から始めてみることも大切。


足裏は多くの体のツボがある場所とも言われています。
ロコモ予防に! 健康予防に! 
ベアとランニングをはじめてみませんか?