ロコモコラム

デスクワークが多い人はロコモの危険が!!

みなさん どんなお仕事をされていますか?
事務? 営業? 接客業? 公務員?


仕事は多種多様 それぞれ違いはあると思いますが、
コンピューターやインターネットが開発・普及している現代


職種が違っても多くの人が、
一日に何時間かは 机やパソコンをはじめとしたコンピューター
に向かって何かしらの作業・仕事(デスクワーク)をしているのではないでしょうか?


そんなデスクワーク
デスクワークは、仕事時間の多い方が、ロコモのキケンが高いと言うことを知っていますか? 
年齢が若い方でも、ロコモになる可能性が高いようです


本来ロコモは、加齢とともに足腰の筋肉が弱まり 運動器に障害が起きることで
日常生活に何らかの障害をもたらしている人のこと。


高齢者の病気・問題だと思われがちですが、
20歳を過ぎたころから、筋肉や骨量(骨密度)は 緩やかに降下。
筋肉は一度落としてしまうと、再度付けようとしても簡単にはいかず、かなりの努力が必要になるもの。


仕事だからと ほぼ毎日座りっぱなしで筋肉を使わない人は、
いくら年齢が若くてもロコモになりやすい体になってしまいます。


そうならないためにも、仕事中(デスクワーク)でもできるロコモ予防トレーニングを始めてみてはいかがでしょうか?


デスクワーク中にできる ロコモトレーニングは簡単!!


まず、骨盤を立て背筋をしっかりと伸ばします。
これだけでも上半身が しっかりと安定し膝への負担を軽くすることができるようですが、


長時間歩いても疲れ知らずの足(ふくらはぎの筋肉)を鍛える方法が
・座った状態で 息を吐きながらつま先立ちに 息を吸いながら足を楽に


つまづきにくく  足をしっかり上げて歩くことができる(すねの筋肉)を鍛える方法が
・座った状態で 足を少し前にだしつま先だけをゆっくりと上下させる 


といった 誰でもデスクワークをしながら簡単にできるトレーニングがあります。


もちろん このトレーニングだけしていればロコモになる可能性がゼロになる 
ということではありませんが、繰り返し行うことで
トレーニングしている人と、していない人では大きな差が出てくるのは確かです。


ロコモになってから「少しでもトレーニングしておけばよかった・・・」
なんて後悔しないよう あなたもできることから少しずつロコモトレーニングをしてみませんか。